企業情報

超知財・人財宝®・技財・資財 戦略情報誌 Newテクノマート「SO(創)」

超知財・人財宝戦略情報誌 Newテクノマート「SO(創)」

グルコサミン誘導体

天然物由来材料を用いた、新規異種界面接合接着剤へのアプローチ

【効果】
金属表面などへの強い接着性を示すことが知られているカテコール基の導入により、異種界面を接合する構造が得られると期待される。また、光二量化が知られているカフェ酸基により、光照射架橋による接着性向上を発揮するものと考えられる。天然由来化合物で構成されているため、環境適応性および生体適合性を有する事も特徴である。

【希望】
本テーマはアーリーステージのシーズテーマであるものの、本新規化合物を用いて、幅広い材料への実用化を目指す事に御興味のある企業様を探している。

文献番号特開2019-052112
資料請求番号18080005
用途この種の接着ポリマーは、ガラスや金属等の異種材料の接着が期待できるだけではなく、濡れた表面での接着も期待される為、医療用接着剤および生体接着剤シーラントなどへの活用を想定する。
技術内容天然物由来グルコサミンとカフェ酸に着目し、新規ポリアミド系誘導体を開発した。分子設計を行う事により、アミド基に含まれる水素結合性による接着力向上と共に、カフェ酸に含まれる、ジフェノール性水酸基が、接着性天然タンパク質と類似構造である為、水中接着力付与できると想定した。さらに、光反応性カフェ酸が存在する為、光照射による二重結合架橋により、接着力の向上が期待される。この新規化合物は異種界面接着や接着に適した官能基、光重合可能なビニル基、さらにグルコサミン骨格由来のアミド骨格から構成される化合物で、様々な応用展開が期待される。
権利者国立大学法人 奈良先端科学技術大学院大学
権利者関連リンク新規なポリペプチドおよびその製造方法
大きな二光子吸収特性を示すアセチレン結合により連結されたビス(イミダゾリルポルフィリン金属錯体)を構成単位とするポルフィリン連鎖体及びその製造方法
円偏光発光性希土類錯体
環境ストレス下の翻訳抑制を回避する5’UTRをコードする組換えDNA分子
フロリゲンの導入方法
1.変異型アセチルトランスフェラーゼMpr1
2.Mutant-type acetyltransferase Mpr1
3.ドライイースト製造用組成物

L-システイン生産能が高められた腸内細菌科に属する細菌
情報取得装置及び情報伝達システム
深部温度計
アジュバント及びそれを含むワクチン
酵母の培養方法
粘弾性計測方法および装置
酵母の液胞トランスポーターシャペロン複合体の機能欠損による発酵促進方法
1.ポリ乳酸誘導体及びその製造方法、並びにポリ乳酸系ステレオコンプレックス
2.コンプレックスポリマーの製造方法

植物の耐病性、耐塩性及び生産性を向上させる方法、並びにその利用
吸器形成阻害剤
ディスプレイ装置
アルコール飲食品製造用組成物
グルコサミン誘導体:PDFダウンロード

(敬称略)

Newテクノマート「SO(創)」に関するお問い合わせは お問い合わせフォーム まで