企業情報

超知財・人財宝®・技財・資財 戦略情報誌 Newテクノマート「SO(創)」

超知財・人財宝戦略情報誌 Newテクノマート「SO(創)」

新規ペースメーカ細胞

新規生物学的ペースメーカ

新規ペースメーカ細胞

【効果】
本ペースメーカ細胞は心拍数をコントロールできるため、患者のQOLの低下を防止できる。ES細胞やiPS細胞の遺伝子改変を行わずにペースメーカ細胞を採取できるので、再生医療へ創薬への応用が容易となる。本ペースメーカ細胞を集合させ細胞塊として心筋に移植することで、ペースメーカ機能が強力かつ長続きする。

【希望】
本発明は、比較的実用化に近いiPS・ES細胞を用いた再生医療技術です。
興味のある企業との共同開発を希望します。

◎関連HPリンク
http://www.cjrd.tottori-u.ac.jp/chizaiseeds/seeds2019/A005hisatome/index.html

文献番号特許第5674046号(JP)、2010301614(AU)、
I477604(TW)、2484756(EP)
資料請求番号19070002
用途本ペースメーカ細胞を用いて、不整脈の治療または改善を行うことができる。本ペースメーカ細胞を集合させて細胞塊としてペースメーカに用いる。心拍数をコントロールできる心臓ペースメーカを提供できる。
技術内容本発明は、胚性幹細胞(ES細胞)、人工多能性幹細胞(iPS細胞)、あるいは始原生殖細胞由来万能細胞などを心筋へ分化誘導し、HCN4チャネルをマーカーとして選択的に採取し、Naチャネルを制御することで心拍数をコントロールできるペースメーカ細胞の取得方法を提供する。このように細胞から、電気を作ったり動いたりする生物学的ペースメーカの作製に成功した。
また、本ペースメーカ細胞を認識できる抗体を、HCN4の細胞外ドメインの特定のアミノ酸配列を抗原認識部位として作成する。
権利者国立大学法人 鳥取大学
権利者関連リンクテキストデータの冗長性を解析する情報解析装置
不揮発性半導体記憶装置および同装置の製造方法
生体信号解析装置、生体信号解析方法、生体信号解析プログラム
きのこの揮発性抗菌物質を用いた防菌・除菌技術
DNA二本鎖切断損傷の解析装置及び解析方法
ブナシメジ培養菌体が生産する揮発性物質を含有する抗菌剤
創傷治癒促進剤
甲状腺刺激ホルモンレセプター抗体アイソタイプ測定を用いたバセドウ病の病態診断キット及びバセドウ病の病態の診断方法
落石の運動軌跡解析方法及び落石の運動軌跡解析装置
新規ペースメーカ細胞:PDFダウンロード

(敬称略)

Newテクノマート「SO(創)」に関するお問い合わせは お問い合わせフォーム まで