Fujikin History

ものづくりで世界と繋がる
テクノロジーの進化は、フジキンの歴史そのもの。

1954

1954年 富士金属工作株式会社設立

9月富士金属工作株式会社設立

前記の「富士島工機株式会社」 立売堀営業所及び大阪市城東区鴫野・滋賀県彦根市の両工場を買収、製造部門の積極的拡充に乗り出す。

1957

1957年 初代社長急逝により、小島 敏(故人)がこれを引き継ぐ。

9月初代社長急逝により、小島 敏(故人)が社長に就任

1958

6月完全逆止弁「力一ペク卜TM」を開発

1959

3月真空用「メ力ローズバルブTM」 を開発

1961

3月世古口 言彦が博士の学位を授与される

9月黄銅鍛造工場及び加工設備を導入

数年来、小型バルブには鋳造製よりも鍛造製が優秀である事に着目。黄銅鍛造工場及び加工設備を導入。

1962

4月ユニーク路線の評価が定着

第5回大阪国際見本市に初めて出展。新耐食合金「フジブロイTM」製品をはじめ、ユニーク路線の評価が定着。

1964

4月「QSバルブTM」開発

半永久バルブ「QSバルブTM」を開発、世界7カ国で特許を取得。

1966

5月耐食アルミ鍛造「アルケスTM」の製品化に成功

オイルショックによる銅資源の国際価格急騰対策として、耐食アルミ鍛造「アルケスTM」の製品化に成功。

1967

2月シール材のいらない「省力継手(通称LSジョイント)」を開発

11月東大阪市に新工場を建設

上昇する受注増加に対応すべく東大阪市に新工場(現:大阪工場 東大阪)を建設、鴫野・彦根両工場を売却し、設備をここに集中、新設備も増強。

12月東京営業所を開設

関東地区のお得意様各位よりご要望をいただき、東京都中央区八丁堀に「東京営業所」を開設。

1969

12月本社近接地に「関西支店」を設置

1970

5月「ニードル式電磁弁」を開発

6月「小型鋳造製ボール弁」を開発

8月「ダブルバイトジョイントTM」を開発、量産化に乗り出す