企業情報

超知財・人財宝®・技財・資財 戦略情報誌 Newテクノマート「SO(創)」

超知財・人財宝戦略情報誌 Newテクノマート「SO(創)」

炭素膜の製造方法

耐食性と導電性を兼備し、
複雑形状にも対応できる次世代コーティング

炭素膜の製造方法

【効果】
緻密質炭素膜は、導電性と耐食性を兼備しており、密着性にも優れています。さらに複雑形状の基材にも成膜できることや(図2)、”めっき”ならではの量産性を有するなど、DLC等の気相法にはない特長を備えています。

【希望】
当社は溶融塩技術をコア技術とする研究開発型企業です。「炭素めっき」の実用化を目指す企業を募集しています。

文献番号特許第5112010号
資料請求番号16010007
用途炭素めっき膜は、チタン・ステンレス・アルミニウムなどを基材とし、板状の燃料電池セパレータや箔状のLiBの集電体などに適用可能。また、ボルト・ナットや多孔質素材など複雑な形状の基材にも適用可能です。
技術内容炭素源としてカーバイドイオン(‒)を含む溶融塩中で、被処理材である金属基板を陽分極させると、金属基板上でC22‒が電気化学的に酸化され、基板表面に緻密な炭素めっき膜が形成されます(図1)。
権利者アイ’エムセップ㈱ 他2法人
炭素膜の製造方法:PDFダウンロード

(敬称略)

Newテクノマート「SO(創)」に関するお問い合わせは お問い合わせフォーム まで