製品情報

Cv値計算・流量計算ツール

Cv値とは?

バルブ等の容量係数の1つで、JIS規格では、特定のトラベル(動作範囲) において、圧力差が1psiの時、バルブを流れる華氏60度の清水を流した時の流量をUSガロン/minで表す流量数値です。

Cv値計算・流量計算

Cv値による流量計算は複雑な計算が必要です。Cv値計算・流量計算ツールをご用意いたしましたので、ご利用ください。

指定した単位以外でCv値・流量計算したい場合はお問い合わせください。

1 計算方法を選ぶ
2 流体区分を選ぶ
流体名を選ぶ
比重(参考値)
3 流量を入力・単位を選ぶ
4 圧力を選ぶ
気体、液体とも真空(負圧)の場合は圧力は絶対圧力で入力
圧力単位を選ぶ
圧力を入力
圧力差圧
参考Cv値00.00※以下のCv値計算及び流量計算(Cv値から)式を参照しています。
Cv値計算式及び流量計算(Cv値から)式
【記号の説明】
QL [m³/h] : 液体の流量(h : 時間)
Qg [m³/h (normal) ] : 標準状態(15℃ 0.1013 MPa abs)における気体の流量
P1 [MPa abs] : 1次側絶対圧力 ※2
P2 [MPa abs] : 2次側絶対圧力 ※2
t [℃] : 流体温度
GL : 液体の比重(水=1とした場合)
Gg : 気体の比重(空気=1とした場合)
【ご利用上のご注意】
※1 Cv値計算は、バルブ選定の為の基準であり参考値として取り扱って下さい。実際には、固有の配管条件やご使用条件などにより、計算結果と差が生じる可能性があります。
※2 液体において、動粘度20mPa・s以上、計算Cv値0.01以下の場合は、粘度補正計算が必要です。粘度補正が必要な流体仕様の場合は、お問い合わせ下さい。
※3 バルブ直近での圧力としてください。バルブから離れた点での圧力を用いて計算された場合、配管の圧力損失などの影響により、計算結果に大きな誤差を生じる場合があります。