仕事を知る

先輩インタビュー

先輩インタビュー 古谷凪人

製造系(組立) 古谷凪人
2014年入社
電気科
大阪工場 柏原 革新製作5課
現在の仕事内容は何ですか?
量産製品の組立てラインにおいて作業指示を出す仕事に就いています。品目によっては一日に1000個以上も製造する製品もあり、限られた時間の中で効率よく正確に作業を進める必要があります。チームワークを大切にして、一日一日の業務を確実にこなすことを心がけています。仕事を始めた頃は自分に務まるのか不安でしたが、先輩方に仕事を一つずつ丁寧に指導していただいたおかげで、自信をつけることができました。
フジキンを志望した理由は何ですか?
子どもの頃からモノづくりに興味があり、就職活動では製造業での仕事を志望していました。フジキンを知ったのは、高校の先輩がここで働いていたからです。「人間関係が良くて働きやすいよ」と聞いたことが決め手となり、入社しました。また、水素ステーションに用いられているバルブなど、これからの時代に欠かせない製品を数多く製造していることから、将来性がある会社だと感じたからです。
仕事のやりがい・魅力はどこにありますか?
日々の決まった仕事に加えて、業務の改善も大切な役割です。製造ラインの中で効率の悪い部分を見つけ出し、作業がよりスムーズに進むように段取りを改善していきます。簡単にできることではありませんが、仕事を通じて製品に関する知識を深められる点がやりがいにつながっています。また、時にはお客様を訪問して、製品の整備や修理を手がけることもあります。製品が使用されている現場を見ることで、自分が手がけたものが役立っているのを知るのが何よりうれしいですね。
フジキンで成し遂げたい将来の夢・目標は何ですか?
当面は製造ラインの業務を覚えて、戦力として認めてもらえるようになるのが目標です。その後は、製造に加えて、品質管理などの業務も担当できるようになりたいです。モノづくりのことなら、だれからも信頼される技術者をめざしたいです。
今の仕事に就いて、もっとも印象に残っているエピソード(成功談、達成感を感じた仕事など)を教えてください。
フジキンに入社してから私は、組立作業に配属となり特殊なバルブの組立を行っています。その中でも実際にメンテナンス等でお客様のところに伺い、フジキンで製造しているバルブをみるといろいろな場所で使用されていて「自分たちが製造したバルブはこんなところで使用されているんだな」と感動・達成感がありました。これからも今まで以上に日々努力していきます。
オフの日の過ごし方
スポーツは何でも好きです。特に小学3年生から野球に打ち込んできました。今でも休日は仲間たちと一緒に草野球を楽しんでいます。社内にも野球クラブがあるので、機会があればチャレンジしてみたいですね。
タイムスケジュール
1日のスケジュール
先輩から後輩へ一言
フジキンでは、先輩方の親身な指導を通じて、仕事に関してしっかりと学んでいくことができます。やる気次第で専門資格の取得なども会社がバックアップしてくれるので、とても心強いですよ。