企業情報

超知財・人財宝®・技財・資財 戦略情報誌 Newテクノマート「SO(創)」

超知財・人財宝戦略情報誌 Newテクノマート「SO(創)」

集風装置

風力エネルギーの対電気エネルギーの変換率の効率化を図った集風装置

集風装置

【効果】
当装置を採用することにより、プロペラ型風車発電機のように重量級のプロペラ回転機や発電機等をタワーの上部位に懸架する必要がなく地上レベルに設置することを可能とし、堅牢なタワーを必要とせず発電装置として全体の建造費をより安価にできる。又、地上レベルで主要機器のメンテナンスが行えるのでメンテナンス費用を安価にできる。

【希望】
当集風装置を実用化するに当たり企業投資家並びに製造メーカーを募っております。

文献番号実用新案登録第3217165号
資料請求番号20010011
用途同変換率の高効率化によって、今後の風車発電機には同集風装置を適用した発電システムの多用化が大いに期待される。
技術内容当集風装置は風車発電機の風力エネルギーの対電気エネルギーの変換率を効率化させるための発明である。現在、風力発電機はプロペラ型機が主流だが、流体機械の法則で知られるベッツの法則(Betz' Law)によるとプロペラの機能上、風力エネルギーの対機械エネルギーの変換率は最大で59.3%、更に、対電気エネルギーの変換率は約23%とされている。これは、水力発電のフランシス水車の対機械エネルギーの変換率が90%台とされているのと比べるとかなり低レベルの変換率である。そこで考案したのが、水力発電の水車と同様に抗力式の風車タービンに当多重式集風装置によって捕獲された風力エネルギーを直接、抗力として作用させて回転トルクを生み出し、同トルクを発電機に放出して大容量の発電出力を得るシステムである。抗力式の羽根車は水車と同様にプロペラ型の様な無駄なエネルギーの流出が殆ど無いので変換率の高効率化が期待される。
権利者藤井 庸之
権利者関連リンクフライホイールを装備した垂直軸風車発電機の始動加速手段
浚渫用水中チャンバー
サイクロン式給水沈砂槽を適用した地下水利用の農地給水散水システム
フライホイール一体型垂直軸風車発電機と灯台の灯室を一体型にした省エネ型灯台
集風装置:PDFダウンロード

(敬称略)

Newテクノマート「SO(創)」に関するお問い合わせは お問い合わせフォーム まで