企業情報

超知財・人財宝®・技財・資財 戦略情報誌 Newテクノマート「SO(創)」

超知財・人財宝戦略情報誌 Newテクノマート「SO(創)」

導電ケーブルにおける被覆絶縁体の劣化測定装置および劣化測定方法

原子力プラントの安全を保持する研究から生まれた技術

導電ケーブルにおける被覆絶縁体の劣化測定装置および劣化測定方法

【効果】
ケーブルを切断する必要がなく、かつ、導電体によってマイクロ波が吸収されることもなく、外周を被覆する絶縁体の劣化および材料変質を高精度に測定することができる導電ケーブルにおける被覆絶縁体の劣化測定装置および劣化測定方法を提供いたします。

【希望】
本発明技術の実用化を目指して、技術移転を受けていただける企業を求めています。

◎関連HPリンク
http://www.fukui-ut.ac.jp/ut/cooperate/center/property/

文献番号特許第5495062号
資料請求番号19070001
用途ゴム、プラスチック、化学繊維、高機能複合材料の劣化測定に使用可能
技術内容ポリエチレン等の高分子材料の劣化は空気中の酸素との反応による酸化物生成もしくは、高分子材料中に含まれる可塑剤等の添加物の減少や変異です。一般的に高分子材料の劣化の度合いは引っ張り強度の測定により測定されるが、非破壊的に劣化測定を行う事は非常に困難であるとされてきました。本特許は、高分子中における酸化物生成に伴う電気的特性、即ち誘電率変化に着目し、誘電率変化量と劣化度合いとの間に相関関係があることを見出し、高分子中における酸化物生成による微小の誘電率変化量を高感度に測定可能とするマイクロ波空洞共振器を使用し、劣化測定装置および劣化測定方法を考案したものです。
権利者学校法人 金井学園
導電ケーブルにおける被覆絶縁体の劣化測定装置および劣化測定方法:PDFダウンロード

(敬称略)

Newテクノマート「SO(創)」に関するお問い合わせは お問い合わせフォーム まで