企業情報

超知財・人財宝®・技財・資財 戦略情報誌 Newテクノマート「SO(創)」

超知財・人財宝戦略情報誌 Newテクノマート「SO(創)」

マンホールの構造

地震にも安全、取り付け簡単なマンホール

マンホールの構造

(1)浮上抑止板の上に位置する液状化した土砂の重量をそのまま利用するため、簡単な構造によって大きな浮上抑止力を得ることができる。
(2)拡幅した現場打ち基礎コンクリートを浮上抑止板として、マンホールをベルトや金具で抑止板に固定する方式であるため、あらゆる新設マンホールに適用可能です。
(3)砕石基礎をコンクリート基礎に変更することで、掘削や費用の増加を最小限に抑えることができます。

文献番号特許第4866713号
資料請求番号14020010
用途地震による液状化対策。
技術内容地震によって地盤が液状化した場合、マンホールは振動によって浮力が作用し、配管と絶縁してマンホールとしての機能を喪失する。さらにマンホールの上部が路面の上に飛び出して、交通の障害になるような事故も発生している。
本発明は従来のマンホールにコンクリートブロックを取り付ける、地盤を改良するなどの改善方法に比べ、より経済的であり、安全である。
本発明では、マンホールは筒状マンホールと基礎コンクリートと浮上抑止板より構成される。マンホールの直下に打設した基礎コンクリートと浮上抑止板は一体構造となっており、浮上抑止板は平面視的にマンホールの外部に向けて突設して構成されている。浮上抑止板とマンホール、あるいは浮上抑止板とマンホール上部は、係合部材によって係合可能に構成したものである。 
計算及び、模型による実験においても、本発明のマンホールが液状化に対して安定していることが立証されている。
権利者矢内 誠
マンホールの構造:PDFダウンロード

(敬称略)

Newテクノマート「SO(創)」に関するお問い合わせは お問い合わせフォーム まで