企業情報

超知財・人財宝®・技財・資財 戦略情報誌 Newテクノマート「SO(創)」

超知財・人財宝戦略情報誌 Newテクノマート「SO(創)」

基礎パッキン

地震に強い省エネルギー住宅

基礎パッキン
基礎パッキン

本発明は環境に優しい省エネルギー住宅を提供するため、地球温暖化の抑制に効果がある。
また、地震にも強い住宅を提供する。

文献番号特許第4957989号
資料請求番号13020014
用途住宅等建物のコンクリート基礎パッキン
技術内容本発明は、住宅等建物のコンクリート基礎と土台の間に挟み、建物の気密化や防振化を可能とする基礎パッキンに関する。
建物のコンクリート基礎床下内換気方法には、
①直接コンクリート基礎の開口部を通して行う方法
②基礎パッキン工法で外気を基礎パッキンの貫通連気部から基礎床下内に導入する方法
があるが、近年は地震に強いとしてコンクリート基礎自体に開口部を設けない基礎パッキン工法が主流となっている。
しかし、従来の基礎パッキン工法では床下内に入った外気が直接、外壁板材と内壁板材の間の隠れた隙間から流れ込むため、1階床面また内壁面などが外気温度の影響を受けやすい。1階床面の断熱性能を確保するためには多くの断熱材を必要とするが、石油系発泡断熱材は、火災時に有毒ガスが発生しやすい。一方、気密性能を確保するのに、特殊な気密パッキン付き電気コンセントなど、部品と手間に費用がかかる。
本発明では住宅等建物のコンクリート基礎(15)上面と土台(45)の間に挟むホース形状の基礎パッキン(55)例えば、消火ホースで、気密化機能と防振化機能を持たせている。ホース形状の基礎パッキンには、内部に圧力制御された圧縮空気を充填する。まず、建物を平板基礎パッキン(35)で水平調整した後に、ホース形状の基礎パッキンに圧縮空気を充填することで住宅等建物の全重量の多くを支え、地震時の振動を住宅等建物に出来るだけ伝えないようにする防振化機能を持たせ、且つ、コンクリート基礎と建物を気密化し床下内への外気の流入を防いでいる。
権利者宮崎 政安
株式会社ウィズ・ワン
基礎パッキン:PDFダウンロード

(敬称略)

Newテクノマート「SO(創)」に関するお問い合わせは お問い合わせフォーム まで