企業情報

超知財・人財宝®・技財・資財 戦略情報誌 Newテクノマート「SO(創)」

超知財・人財宝戦略情報誌 Newテクノマート「SO(創)」

一人暮らし向け安否確認システム

今後5年以内に日本から孤立死という言葉がなくなる

一人暮らし向け安否確認システム
一人暮らし向け安否確認システム

<効果>
従来の安否確認システムは、電気やガスなどのインフラを利用したもの等がありましたが、住居内で倒れているのか外出中なのかを、正確に判別できないなどの安否情報の精度に問題がありました。
本システムは、これらの問題点のすべてを解決し、安否情報の質と量が目覚ましく向上した事により、本格的な普及が到来するのです。

<特許活用先>
地方自治体・警備会社・緊急通報受信センター等詳しくは、http://lookman.com/scs.wmv をご覧ください。

文献番号特許第5108161号
資料請求番号13020013
用途1.地方自治体が一人暮らしの方に無償貸与している緊急通報システムの格上げ。
2.警備会社のホームセキュリティシステムの格上げ。
3.一人暮らしに不安を感じておられる方や一人暮らしの親がいる子息の為に。
技術内容本システムは、一人暮らしの方や介護を必要とする老夫婦等の住居内での無動作のデータを元に、緊急状態か就寝中かを判断する情報を自動設定された経過時間にメールで送信します。更に在宅中と外出中を自動的に切り替えますので誤報がなくなり、安否情報の質と量が飛躍的に向上します。また、外出中も同じ仕組みで情報を発信しますので、痴呆症で徘徊する人などを確実に素早く保護する事が可能です。
本システムは従来のホームセキュリティや緊急通報システムの本体のプログラムを一部修正するだけですぐに実用化が可能な画期的なものです。
権利者人見 勝男
ルックマン株式会社
一人暮らし向け安否確認システム:PDFダウンロード

(敬称略)

Newテクノマート「SO(創)」に関するお問い合わせは お問い合わせフォーム まで