企業情報

超知財・人財宝®・技財・資財 戦略情報誌 Newテクノマート「SO(創)」

超知財・人財宝戦略情報誌 Newテクノマート「SO(創)」

飲酒運転防止機構

飲酒運転撲滅

飲酒運転防止機構

自動車内に簡単に設置することができ、飲酒運転を防止できる。また、飲酒運転を周囲に警告することで事故を未然に防ぐこともできる。

文献番号特許4873752号
資料請求番号12110015
用途飲酒運転の防止および通報
技術内容車両に運転者の呼気中のエチルアルコール濃度を検出するアルコールセンサを設ける。コントロールユニットはアルコールセンサからの出力信号を受信してデータベースと比較して飲酒運転に該当するか判断する。エチルアルコールが検知され、濃度が所定濃度以上の場合、解除スイッチがONかどうかを判断する。解除スイッチがONで、車速が零またはエンジンが作動しているなら、車外の表示手段を作動させ、また、飲酒運転信号発生手段から飲酒信号を警察に発信させる。解除スイッチがONでない場合、車速が零またはエンジンが作動していればエンジンを停止させる。濃度が所定値以上で無い場合、エンジンを作動させる。
権利者株式会社シームス
権利者関連リンク診断用センサを有するブラジャー
健康状態検査装置
飲酒運転防止機構:PDFダウンロード

(敬称略)

Newテクノマート「SO(創)」に関するお問い合わせは お問い合わせフォーム まで