企業情報

事業内容

フジキンの製品

陸・海・空。”ながれ”を制する技術が
あらゆるフィールドの最先端技術を創造する。

特殊バルブ機器類だけでなく、超精密ながれ(流体)制御システムにおけるトップランナーへと成長を遂げたフジキン。極限の技術が要求される陸・海・空の多彩なフィールドで、私たちフジキンの最先端テクノロジーが活かされています。あらゆる最先端産業の分野を見つめる私たちは、今後、新素材を含め高分子化学やバイオテクノロジー、新エネルギー、エコロジー、マイクロマシン、ナノ・ピコテクノロジー、メディカルエンジニアリング、福祉機器等々の最先端技術及びICT(情報通信技術)・IoT(モノのインターネット)を駆使した事業の展開をはかってまいります。

半導体製造装置用超精密バルブ機器

日本が世界に誇る半導体技術。超微量のガスを正確にコントロールし、極微細なごみ(微粒子)をも極端に嫌う半導体製造工程。これら製造装置に使用されるウルトラピュアーバルブは、清浄度世界一を誇るクラス1のウルトラスーパークリーンルームで生産されています。組立・検査などの工程もすべてウルトラスーパークリーンルーム内で行われており、一切のゴミ・油脂分をシャットアウトしています。ここで生まれる製品は、まさに世界No.1の品質を約束しています。

半導体用超精密バルブ

宇宙創造開発用超低温・超精密バルブ機器

フジキンは、1976年にロケット用バルブ機器を初めて国産化したメーカーです。宇宙開発の分野ではロケット燃料の制御、宇宙空間における生命維持装置などの特殊用途用として、これまでに種子島宇宙センターなどに6000台以上の納入実績を誇っています。また、1992年夏に打ち上げられたわが国初の2トン級静止衛星Ⅵ型に搭載され、スペースシャトル「エンデバー」に毛利衛氏が搭乗して行われた“コイの宇宙酔い実験”にもフジキンの製品が使用されました。さらに、日本人初の女性飛行士、向井千秋さんがスペースシャトル「コロンビア」で行った、国際微小重力実験IML-2においても、実験用設備に多くの超精密ながれ(流体)制御機器を提供するなど、宇宙分野の先駆者として、その技術力の高さをいかんなく発揮しました。

宇宙開発用超精密バルブ

石油化学プラント用特殊バルブ機器

人類は、化学合成という魔法の力で自然界には存在しないさまざまな物質を生み出してきました。そうした化学製品の生産拠点となるのが化学コンビナート。フジキンの特殊バルブ機器と超低温技術は、世界各国の化学コンビナートにおいても幅広く活かされています。「もれゼロ」を誇るフジキンの超低温用精密ながれ(流体)制御システム機器は、石油化学プラント、液化天然ガスプラントにおいて、今ではなくてはならない存在といわれるまでになっています。また、地球環境保護の問題に対しても、公害対策を考慮したファインセラミックス製ながれ(流体)制御機器が威力を発揮しています。

石油化学プラント用特殊バルブ

バイオ(医薬・食品)用無菌プロセスバルブ機器

ヒトゲノム情報の解読や遺伝子研究により医薬、食品の開発は一段と加速し、かつ高度化しています。また、一方では、新薬や遺伝子組替食品の安全性や環境への悪影響が懸念されてもいます。安全性が高く、環境にやさしい医薬・食品を製造するプロセスに要求される技術基準は、年々厳しくなっています。フジキンのソフラム®弁(ソフトダイヤフラムバルブ)は、人の体内に入る医薬・食品の製造プロセスを無菌化するために広く使用されております。バイオ分野の最先端プロセスの一歩先を常に見据えております。

石油化学プラント用特殊バルブ機器

新エネルギー・二次電池用バルブ機器

現在、着々と普及が進んでいる太陽光発電、燃料電池等の新エネルギーにおいても、ながれ(流体)制御機器は必要不可欠な存在です。特に、燃料電池分野においては、99.9MPaもの超高圧水素用バルブ機器をラインアップする等、今後の燃料電池自動車のインフラ整備促進に貢献しています。また、リチウムイオン電池製造プロセス用のバルブ機器も開発しました。これらの機器には、フジキンが宇宙ロケット、半導体、医薬食品等の各分野において培ってきたノウハウが随所に生かされています。

医薬・食品用無菌プロセスバルブ

原子力発電所用計装バルブ機器

高度な技術と装置を要する原子力発電所では、計装用のバルブ機器を多数使用していただいており、超低温分野では、核融合・電力貯蔵・核磁気断層装置等の超伝導システムの液化ガスのコントロールなどにも、超精密ながれ(流体)制御システム機器が採用されています。フジキンの技術は、エネルギー開発にも大きく貢献しています。

原子力発電所用計装バルブ

海洋開発用ながれ(流体)制御システム機器

シートピア計画でも知られる海洋開発。人類の未来に重要な役割を担っている地球上での最後の未知の領域。その実態解明のための海洋潜水調査艦「しんかい2000」「しんかい6500」、海洋作業実験船「かいよう」などにより、基礎的技術の研究開発、各種資源の調査研究が進められています。こうした深海での過酷な条件下においても、私たちフジキンの特殊バルブ機器類だけでなく超精密ながれ(流体)制御システム機器は、大きな威力を発揮しています。

海洋開発用ながれ(流体)制御システム機器

ライフサイエンス

先進技術で時代を創ってきたフジキンの新たな挑戦。それがライフサイエンス事業です。これまで培ってきた研究開発や製造の力を活かして、フジキン初の超音波診断装置を開発しました。また、一般X線撮影装置や遠隔医療システム、医療モニタ機器などの製品化も進めています。革新的な製品やシステムの開発がすでに進行中で、フジキンのさらなる飛躍の原動力となっています。

ライフサイエンス